努くんのプロフィール
このイラストは1996年頃の努くんがモデル
作者は某予備校での一番弟子、今はもう看護師になっているY.Hさん
「そっくり」という説と「こんなにカワイクナイ」という説がある
まあ、作者と、何よりも本人が満足しているので
誰がなんと言おうとこれでよいのだ(笑)

努 く ん の 略 歴
【2009.4.14、一部改訂】

1966年7月20日生まれ
大阪府八尾市にて生まれ、東京都八王子市で育つ

小学校3年当時から考古学者になることを夢見ながら
小学校で児童会会長・副会長
中学校で生徒会副会長・会計
高校で美化委員長(笑)を歴任

しかし「努」という名前に反して大して努力しなかったため
高校卒業後、都内某予備校にて
3年間「笠張り」稼業に精を出すという、暗黒時代を過ごす

大学では中国文学(『史記』)を深く学びすぎて6年間在籍し(笑)
中国(大陸・台湾)に数回に渡り訪問
大学院受験中国語に四苦八苦する
大学院では東洋史学(中国漢代史)を学んだ(ことになっている)

大学入学後は埼玉県越谷市に下宿
後に東京都杉並区阿佐谷に移住

ちなみに中学から大学まで体育会バドミントン部に所属
しかし、その成績は威張れたものではなく
しかも高校時代に試合中ぎっくり腰を患う(笑)

学生時代から母校(予備校)で国語の講師として教壇に立ち
中学生・高校生・浪人生を対象に古文・漢文を中心に国語を担当
資格取得系の専門学校、高校非常勤講師など
何時までたっても落ち着かない私生活に反して
仕事としては「国語教師」で落ち着くつもりだった

ところが、何時の間にか「漢文」じゃなくて「看護医療系の受験指導」に興味を持ち
「看護系・医療技術系」のコースを担当したり
某看護医療系予備校に出講
「ベトナム人看護婦養成支援事業」の夏期特別講師としてベトナムの首都・ハノイにまで教えに行く

2000年春、12年ぶりに八王子の自宅に戻るが…
7月より翌年1月まで「ベトナム人看護婦養成支援事業」の講師として
ベトナム社会主義共和国の首都ハノイに赴任
21世紀をベトナム・ハノイで迎え、帰国
来日した学生14名全員の合格を成し遂げ
再び予備校講師稼業に復帰

東京都福生市にある「東京予備校」の専任講師となり
いつの間にやら教務部長に就任
久しぶりに日本人相手の授業、しかも小学校6年生から社会人まで
オールラウンドにこなす傍ら
都内、山梨、埼玉を中心に大学受験、看護医療系受験の進学講演会講師に招かれる

2002年、数年振りに高校の教壇に復帰
国語の他に、外国人留学生の日本語も経験。

非常勤講師として現在埼玉県の某私立高校に勤務しつつ
横浜の予備校にも出講していたが

理不尽な人事に愛想を尽かして高校を離職
横浜の某予備校で小学校3年生から大学受験浪人生まで
担当していたが、、、、、、

再び某男子高校からお話をいただき、予備校と高校を兼務を再開

私立学校教員の派遣会社との契約関係の中で、病欠・産休代替教員の形で
多くの私立学校に勤務した

2009年4月、予備校・塾から卒業、私立学校の非常勤講師に専念することになった


主な勤務校(私立学校)

自由学園 高等科(男子部・女子部)
聖望学園高等学校
川村中学校
明治大学付属中野八王子高等学校
藤沢翔陵高等学校
浦和実業学園高等学校
東海大学付属菅生高等学校
自然学園高等学校

主な勤務校(予備校・塾)

学樹舎
東京予備校
東京アカデミー
中央ゼミナール

ベトナム社会主義共和国教育訓練省立第一経営幹部養成校内
AHPハノイ日本語センター

参加している学会・研究会

全国漢文教育学会
日本秦漢史学会(旧:日本秦漢史研究会
漢字文献情報処理研究会
文字鏡研究会

第1〜6回 日本ベトナム教育セミナー参加
現在、実行委員会(広報担当)

日本ベトナム友好協会

著作物・論文一覧 

○出版されたもの
『研究資料漢文学』 11 ビジュアル漢文学 鎌田正・田部井文雅 監修 共著 明治書院 1994年
『史記正義の研究』

史記正義研究会 代表 水澤利忠

共著 汲古書院 1994年
 
他にもあるのですが、ゴーストライターですので……(笑)

○学会誌・論文集
題 目 著 者
前四史撰者列傅の研究 『漢書』司馬遷傅譯注(上・下) 前四史撰者列傅ゼミナール 共著
『史滴』18・19 早稲田大学東洋史懇話会 1996・1997年
 
受験指導の中で垣間見た、日本とベトナムの進路指導 陣内 努 自著
『第一回ベトナム・日本教育セミナー論文集』
ベトナム国家人文社会科学センター・日本研究所、ベトナム日本教育セミナー実行委員会 2002年
新・学歴社会の進路指導 陣内 努 自著
『第二回ベトナム・日本教育セミナー論文集』
ベトナム教育訓練省、ベトナム日本教育セミナー実行委員会 2003年
日本の教育事情 陣内 努(代表執筆者) 共著
『第3回ベトナム・日本教育セミナー論文集』
ベトナム・ハノイ国家大学、ベトナム日本教育セミナー実行委員会 2004年
「新学習指導要領をどう捉えるか」-私立高校の取り組み- 陣内 努 自著
『第二回ベトナム・日本教育セミナー論文集』
ベトナム・ハノイ国家大学、ベトナム日本教育セミナー実行委員会 2004年

○エッセイ
「日本語教師努くんのビアホイ探訪記」 ruoとチュノムとお父さんの話 努くん 自著
『Thang Long Air』 2001年

ス ポ ー ツ の 履 歴(?)

大学まではバドミントンをやっていたが、高2の夏にぎっくり腰をやってしまい…
大学時代の悪友と結成した野球チーム「9’storys」(通称:ナインズ)では捕手を務めるが
ベンチでビールを飲んでる時が一番楽しい?
他に、スキー・スケート・大学・大学院と「滑る」のは得意である(笑)

援しているチーム(個人)

東北楽天イーグルス
大阪
近鉄バファローズ(プロ野球)

東京ヴェルディ1969 ・ ヴィッセル神戸 ・ 横浜FC
三浦和良(Jリーグ)
アサヒビールシルバースター(アメフト)
日光アイスバックス(アイスホッケー)
早稲田大学(東京六大学野球・アメリカンフットボール)

陣内貴美子(バドミントン:引退)
清原と桑田が大活躍して、尚かつ糞読売が優勝できないことを応援しています

好きな こと・ところ・もの(物と者)

鉄道に乗って、駅弁を食べ、車窓を楽しみながらビールを飲むこと

ベトナム珈琲を飲みながら本を読むこと
授業の後の生ビール
教え子の合格発表の日の酒

生まれて初めて古文に接する生徒(留学生とか帰国子女)に
「文語文法」を教える瞬間

日本酒・スコッチウイスキー(カティーサーク)・ビール(エビス・サッポロ)
ビアホイ(ベトナムの生ビール)
ハノイのお店チャーカーラボンで飲むカールスバーグ ハリダビア(ハノイのビール)
珈琲(キリマンジャロ+モカ 3:1努くんオリジナルブレンド)

チャーカー(ハノイの名物料理)

京都・奈良・鎌倉・西安など古都と呼ばれる町
金沢・萩・米沢・松江など小京都と呼ばれる町
新潟・秋田・青森などお酒が美味しい町
飛鳥(奈良県明日香村)
ハノイ・上海・台北(初めて訪れた日の印象が共通している)

本:太宰治・井上靖・椎名誠・故宮脇俊三・時刻表

人物:椎名誠・広末涼子・小田和正・西本幸雄(元近鉄バファローズ監督)・小川範子 石原さとみ

授業中にじっと耳を傾けている生徒の瞳
「わかった!」瞬間の生徒の笑顔

嫌いなこと・ところ・もの(物と者)

物事に対して自分勝手な解釈をした時の自分(してる奴も)
虚言で自己弁護する奴

納豆
冷たい牛乳
まずいコーヒー(珈琲にあらず)
発泡酒

英米語(非漢字圏の言語)《食わず嫌いとの声あり》

新宿周辺(好きじゃない・なるべく行きたくない)
北京の街(何度行っても好きになれない)

津島修治(太宰治)・がんばらない生徒

自分で努力しないくせに生徒に「がんばれ!」と言う教師
過去の栄光(思い込み)にすがる奴
(能力的な問題の場合は気の毒だとは思うが……)

今、興味を持っていること

鉄道趣味全般
(見る・乗る・食べる《駅弁》・撮る)

中国正史の注釈史
(永遠のテーマ)

日本文学
(太宰治・源氏物語などなど)

写真

ベトナム人看護師養成支援事業

ベトナム語


ベトナムの少数民族史・教育・医療看護

日本語教育、特に非漢字文化圏における漢字教育


夢見ていること?

大阪近鉄バファローズが糞読売を破って日本一になること

ハノイ移住

トップ アイコン
「努くんの部屋」トップへ